本日1月7日は、遠州グライダークラブの2018年初フライトでした。

地元のクラブ員Aさんが滑空場の入り口に飾ってくれた松飾が新春らしさを醸し出しています。

天気のほうも、冬型の気圧配置がゆるみ非常に穏やかで温かい日差しが降り注いでおり、時間がたつにつれ皆さん着重ねていた服を徐々に脱いでおりました。

機体組みは順調に進み、北風に合わせて滑走路南側に機体をセットした後で新春初フライト参加者の集合写真(冒頭のアイキャッチ画像)を撮りました。

わがクラブの複座機、プハッチも新春の日差しを浴びて光り輝いています。後方に見える黄色いトラック状の車両は、グライダーを曳航するためのウインチです。

昼前に風が南風に代わり、南向き発航になりました。3枚組写真はクラブ員Kさん。ウインチ曳航用のレリーズが機軸よりも右側についているので、引き出しの際に機首が左側に振られないよう右ラダーで構えていますね。きれいな空にきれいな上昇、絵になります。

2018年も、安全運航で空の楽しさを満喫していきたいと思います。

サイト管理者 Tomでした。

以上

LINEで送る