過日の台風で破損していたトレーラーの本格的な修理を行いました。

これは、格納庫の屋根が飛んだ際に隣に停めてあったトレーラーの垂直尾翼格納部分にヒットしたらしく、200mm×50mmくらいがベッコリとへこんでいたものです。中の機体にダメージが無かったのは幸運でした。

これまではダクトテープで雨漏りだけ防いでいたのですが、年末のお休みを使ってクラブ員Kさんが専門技能を駆使した修理を行ってくれました。

まずは、アイキャッチ画像。FRP破損部分をくりぬきます。


くりぬいた部分をサンダーでテーパ加工して、シンナーで脱脂・洗浄。


FRPを5枚積層(下地2枚を硬化させた後、成形用のビニール版を外して残り3枚積層)


硬化後、サンダーで表面をならします。


まだパテ盛りと塗装仕上げをしていませんが、これで強度および水漏れの心配はありません。

Kさんのほか、作業に参加いただいたNさん、S木さん、S内さん、ありがとうございました。

今回の修理作業に参加できなかったサイト管理者Tomでした。

LINEで送る