今日は先週と違って、風が優しく吹く中で日差しも降り注ぐ過ごしやすい一日でした。

寒冷前線を伴った低気圧が速い速度で移動してくれたおかげで浜北の天候は昨日に比べてずっと穏やかになり、日射により乾いた地面から次々と熱上昇風が発生。

こちらの写真は朝の機体組み立ての様子。この時はまだまだみんな着込んでいますが、ぐんぐん気温が上昇し、機体が組みがるころにはこの格好ではもう暑いくらいでした。

12時くらいからはっきりとした上昇気流が出始め、だんだん地上に機体が居ない時間が増えてきます。人数が少なかったので、あまり頻繁に降りてこられても困ります。機体が出払ってしまうと、少しゆっくりできますね。

こちらは滞空中の機体のオンボードカメラ。決して強くはないサーマルですが、滑走路上空をはじめあちこちにある感じでした。

結局、最も滞空したフライトで34分、全体の半数が10分以上のフライトと、大当たりの1日でした。

サイト管理者 Tomでした。

LINEで送る