本当は土曜日に集まる予定だったのですが、強風だったため急遽日曜日のフライトとなりました。

クラブ員もそれぞれゴールデンウィークの予定があり、集まることができたのはわずか6名。そこで、当方の友人Nさん(グライダー・飛行機経験者)を招聘し、なんとか最小限として設定した頭数7名を揃えました。

飛びはじめの頃はなかなか長時間の滞空はできなかったものの、条件は徐々に良くなり、12時台後半から一気にブレイク。

少ない人数でやりくりして単座機も用意したところ、この機体は1時間超えのフライトが2発もありました。

複座機の方も負けておらず、10分以上のフライト7発を含む11発も発航することができ、みんなたくさん飛ぶ事ができました。

こちらの写真は全周+2m/秒以上の上昇気流をつかんで高度獲得中のクラブ員Aさん。ここのところ週末の天気に恵まれない事が多かったので、一気にストレス解消です。

また、先日行った体験搭乗会に参加された市内の方が、奥様と二人で遊びに来てくれました。お二人とも立派なカメラを携え、離着陸含めいろんなアングルからグライダーの写真を沢山とっておられました。

さらに、こんなプレゼントも頂戴しました。ありがとうございました。

とにかく人が少なくてまさにてんやわんやといった感じでしたが、索付け・索の弛み取り・翼端保持を一人でこなすなどして安全に一日を乗りきることができました。大変お疲れ様でした。

サイト管理者 Tomでした。

LINEで送る